満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 更に「沖縄を返せ」の声高く

<<   作成日時 : 2010/10/21 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「1995年10月21日。米兵による少女暴行事件に抗議する沖縄県民総決起大会の会場を埋めた8万5千人の人波は、今も多くの県民の脳裏に焼き付いています」としんぶん「赤旗」総合欄・2010年10月21日付はリードで書きます。

画像
 あれからちょうど15年。大会が示した“島ぐるみ”の怒りは、「基地のない沖縄」をめざすたたかいにつながっています。   
     
     平和な沖縄を返して

 「私たちに静かな沖縄を返してください。軍隊のない、悲劇のない平和な沖縄を返してください」大会での女子高校生の凛(りん)とした訴えは、県民はもおより、多くの日本国民の心を揺り動かしました。

【追記】マスコミは尖閣諸島を巡る日中の対立問題を、中国での反日デモを針小棒大に報ずることに熱中しているが問題の本質はそこにない。「沖縄の基地問題」だ。戦後65年、まだ戦争が終わってない沖縄に想いを新たにする時がいま来ている。11月は知事選だ。そこで沖縄詩人の永井和子さんに登場してもらおう。   

画像   
     沖縄では

この島では
まるでカラスが飛ぶように
爆撃機が空を横切っていく
スズメがはさぐようにヘリコプターが飛ぶ
此の島では 罪に問われることなく
罰をうけることもなく
女たちが犯され傷つけられる


     平和の青

辺野古の海は水平線まで青だった
おばあたちが命がけでしがみついて
あらがっていた鉄柱は消えていた
この青を力づくで奪うたくらみを
今日も、おばあたちは睨みつけている
ジュゴンとウミガメが
背伸びして睨みつけている

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
更に「沖縄を返せ」の声高く 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる