満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 特攻隊と映画人の名言三つ

<<   作成日時 : 2010/11/04 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれから67年。1944(昭和19)年神風特別攻撃隊の一員として死んでいった(正確には殺されていった)兄の命日(12月15日)が近づくと思いだす凄烈な事実。癒され励まされるのは以下に紹介する映画人の名言の数々。紙一重で生還した戦友たちも90歳になんなんとしている。伝えなくてはという思いがこみ上がる。

画像
家城巳代治

主観的には純粋でありながら、客観的には無駄であった特攻隊の死。その矛盾をはっきりとらえられたとき、はじめてかなしさが無駄でなくなる。(映画ー1953年作品・「雲流るる果てに」の監督

毛利 恒之

戦争美談にも、特攻隊は無駄死にという意見にもくみしない、等身大の姿を描きたかった(映画ー1993年作品「月光の夏」の原作・脚本家

山田 和夫

 映画を見て私は一瞬息を呑んだ。記録フイルムで特攻隊の突入シーンがくり返し映し出される。そして最後に一機が米空母に突入する瞬間、画面は動きを止めた。そこへテロップが入る。「その瞬間、彼らはまだ生きていた」。死を強制された若者たちの命を惜しむ熱い思い、それをこれほど感じた映像表現はない。(映画評論家ー雑誌「前衛」07年9月号

【解説】家城巳代治氏と山田和夫氏とは面識がある。 家城氏は当時あの東宝争議でレッドパージ、独立プロで「雲流るる果てに」制作に意欲を燃やしていた。クランクアップ後遺族の一人として呼ばれ意見を求められた。氏とは旧制中学(現・両国高校)の同窓であることもあって懇談したことを記憶している。山田和夫氏については江東区の高齢者集会にお呼びし、「今 日本映画がいい」と題して講演していただいた。控室で同映画について氏は熱く語ってくれた。 

 なお、テーマ「神風特攻」として本ブログに97件リンクしています。ご覧下さい。
 http://38300902.at.webry.info/theme/4d2c6dd9be.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特攻隊と映画人の名言三つ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる