満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠藤未希さん いま何処に

<<   作成日時 : 2011/03/28 11:47   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「遠藤未希さんはいま、どこにいるのでしょう。役場の無線放送で「早く逃げて」とよびかけた、宮城県南三陸町の遠藤未希さん▼「高台へ避難してください」「6メートル強の波があります。早く逃げてください」。あわてず、しかし切迫したようすの声に背中をおされ、多くの町民が高台へと急ぎました」、「赤旗」の潮流氏が昨日書きました。

画像
  66年前の少女たちの声      
      ハマナス

ハマナスの赤い花 白い花
オホーツクの海を見下ろして咲いていた
秋には赤い実に熟れて
噛めば甘酸っぱい香りがひろがる
ひろがるオホーツクの海の底から
聞こえてくる少女たちの声
 ミナサマ コレガ サイゴノ ツウシンデス
 サヨウナラ サヨウナラ

画像
ハマナスの赤い花 白い花
オホーツクの海を見下ろして咲いていた
夏には緑の葉がゆれて
耳にひびく声かすかに消えていく
消えていく別れの声 海の底へと
66年前の少女たちの声
 ミナサマ コレガ サイゴノ ツウシンデス
 サヨウナラ サヨウナラ

                 (永井和子)



▼九人の乙女の碑 (稚内)
画像
【注】終戦直後の1945(昭和20)年8月20日、ソ連軍の進攻の中にあった樺太。その緊迫した状況の中、最後まで交換業務の任務を果たし、自らの命を絶った樺太真岡郵便局の9人の若き女性交換手たちを慰霊しています。屏風状の碑には亡くなった9人の名前、交換手姿の乙女の像を刻んだレリーフ、そして彼女たちの最後の言葉「皆さん、これが最後です。さようなら、さようなら・・・」の文が刻まれています。


【追記】大震災とあの戦争の中で逝った女性たちの姿が重なります。ほんとうの意味の「平和」という言葉の反対語は「戦争」だけではない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠藤未希さん いま何処に 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる