満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 空襲の事実を次の世代に

<<   作成日時 : 2011/08/25 06:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

しんぶん「赤旗」日刊紙に「おはよう・ニュース問答」という欄がある。その時々のニュースの問題点を問答形式で分かりやすく解説する評判のコラムだ。昨日(8月24日)は「空襲被害者に国の謝罪と補償急がれるね」というテーマで“はるか”と“みどり”が対談している。

▼挨拶する議員連盟の笠井衆議院議員
画像
 はるか 空襲被害者等援護法の制定などを求める全国空襲連(全国空襲被害者連絡協議会)が、結成一年を迎えたそうね。
 みどり 14日に都内(墨田区)で、一周年のつどいが開かれたのよ。
 はるか 会員が大きく増え、各地に記録する会や被害者の会がつくられたんでしょ。
 みどり 国会でも今年6月に空襲被害者等援護法を実現する議員連盟がつくられて、来年早々、国会に法案が提案されるのよ。 


    
      援護法制定を
 
 はるか 戦後66年たち、被害者の多くが80歳を超えるのに、国は補償も調査もせず、放置してきたんでしょ。
 みどり かろうじて生き残った人は、自責の思いや焼夷弾(しょういだん)によるやけどの後遺症に今も苦しんでいるのよ。


画像
 はるか 被害者に、まだ、戦後はきていないのね。
 みどり 一日も早く援護法をつくって国が謝罪と補償をし、人間としての尊厳が回復されることを被害者や遺族は願っているわ。
 はるか 亡くなったひとの数など、被害の全国調査を行うことも求めているわ。
 みどり 被害者に残された時間は長くない中、国はその声にこたえるべきよ・
 はるか 私たちにできることはあるのかな。
 みどり 東京大空襲訴訟の原告などが、被害者への戦後補償の立法実現を求めて国会提出署名を集めているわ。
 はるか 署名に協力して、集めることができるわ。 


画像
     入館者10万人
 
 みどり 被害者や遺族の話を聞いて空襲の実態を知り、ほかの人に伝えていくことも大切ね。
 はるか なるほど、そうね。
 みどり 東京大空襲戦災資料センター(東京都江東区=写真)の入館者が10万人を超えたのよ。
 はるか 知ってるわ。来年3月には、開館10年を迎えるそうね。
 みどり センターでは、被害者の証言を映像に取り組んできたのよ。13日からは、新作証言映像の館内上映も始まったわ。
 はるか 私たちも担い手として、空襲の事実を次の世代に伝えていかなければね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空襲の事実を次の世代に 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる