満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京大空襲を語り継ぐつどいB

<<   作成日時 : 2012/02/03 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は本ブログ「東京大空襲を語り継ぐつどい」の詳報3回目になる。この集いの超目玉は安斉育郎氏の講演だ。テーマは「大空襲と大震災をつないで」。この道の第一人者ならではの講演が展開されるのだろう。それは、チラシのプロフイールを拝見して少なからず「満州っ子」と類縁があると思われたからである。

画像
  安斉育郎(あんざい・いくろう)プロフイール 
専門:平和学・放射線防護学) 1940(昭和15)年、東京江東区・深川生まれ。1944年から5年間は福島県二本松に疎開。その後平久小、深川三中、都立両国高校を卒業。東大原子力工学科第1期生。同大医学部助手を経て立命館大学教授。核・被爆者、原水爆禁止、原発、平和・博物館などの分野で国内外で活躍。

 3.11後、福島原発被災地での実態調査や分析とともに、科学的見方や対策、未来に向けての発言をしている。著書は、『語り伝える空襲』、『放射能そこが知りたい』など平和・原発関係多数
 


画像
追記】長年の原子力。核政策を激しく批判してきたことで知られるこの分野での第一人者。「九条科学者の会」の呼びかけ人でもある。近著の「福島原発事故ーどうする日本の原発事故」(かもがわ出版、2011年)は必見。

 なお、同氏は都立両国高校卒。「満州っ子」も同校卒、八年後輩だ。しかも生まれ育った所(平久、牡丹)は私の現住所とは指処の間にあると聞いては親近感を覚える。


なお、牡丹町在住の前原礼子さんの東京大空襲体験記を紹介しましょう。
http://38300902.at.webry.info./200904/article_20.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京大空襲を語り継ぐつどいB 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる