満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」の会 4月号

<<   作成日時 : 2012/04/09 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「高齢者が幸せになるために」と設立された江東区のNPO法人・「ふくわらい」の会。その機関紙が毎月送られてきます。四月号の一面のコラム、「孫の手」が読ませます。この区の高齢者の実情が、そして「会」のなみなみならぬ想いがさらりと書かれ、文字通りかゆい所に手が届くようです。

画像
 昨年1月江東区の65歳以上の高齢者は8万8千人を超えた。町丁目で見ると都営住宅の大規模団地がある所では40〜36%を占める。A団地では6割が高齢者世帯、70歳以上を性別で見ると男36%、女64%と圧倒的に女性の割合が高いのに孤独死は少ない(福祉プロジェクトの中間報告)▼女のおしゃべりは人の噂や悪口だけではない。年金や介護の話、子どもの就職など路上でも時には1時間以上も続く。おしゃべりは女性の元気と長寿、地域の情報源にもつながる▼朝ドラ「カーネーション」の主人公糸子。80歳すぎても経済力もあり、今と明日を見て病に負けず生き抜く。年金10万円以下でくらす同世代女性たちからも拍手とともにため息が出る存在だ▼高齢者に行き届いた手が届くような江東区をめざし活動してきた「ふくわらい」の会。今、年金は切り下げて、消費税も10%もあげる高齢者いじめの政権。「孫の手」(爪の形を竹の先につけ背中を掻く)を、今年は大きな熊手のように高齢者に手を広げ、寄る年波に負けてなるものか。(

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」の会 4月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる