聖徳太子 憲法十七条

聖徳太子(574~622)4月3日、この日、太子によって『憲法十七条』が制定された。大陸文化の移入に熱心で、仏教を盛んにして、日本文化に新しい方向をひらいた。(岩波新書・「一日一言」-人類の知恵ー桑原武夫編)

画像
 心の怒りを絶ち、おもての怒りをすて、人のたがうを怒らざれ。人みな心あり。心おのおの執ることあり。彼よみすれば、すなわち我非なり。我よみすれば、すなわち我非なり。我のかならずしも聖にあらず。彼かならずしも愚にあらず。共にこれただひとのみ。是非の理、いずれか定むべき、相ともに賢愚なり。鐶(みみがね)の端なきがごとし。これをもって彼の人はおもて怒るといえども、かえって我があやまちを恐れよ。我ひとり得たりといえども、衆に従って同じくおこなえ。(憲法、第十条

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント