満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 無差別空襲 7月10日 −4−

<<   作成日時 : 2012/07/10 06:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は東北の大都市、仙台空襲。B29の発信基地サイパン、テニアンからは距離があることでこの時期になったようだが、5月(以下参照)から準備をしていた。米軍の目的はただ一つ、すべての町を焼き払い、そこに住む多くの人間を焼き殺すように思えてならない。非道極まる。

▼仙台の中心部は焼け野原、大震災に重なる
画像
      <被災都市 7月10日>

■仙台市 B29 131機 死者2765人 40%焼失
 
 1945(昭和20)年5月、B29による仙台の偵察飛行がおこなわれ、街の様子が上空から撮影された。アメリカ軍は仙台を、工業面での重要性はないが、住宅が密集し、延焼を防ぐ広い道路や広場がほとんどないといった点から焼夷弾攻撃に適した都市であると判断実行。

 また、大規模空襲に先立ち「仙台よい町、森の町、7月10日は灰の町」と印刷したビラを空から捲き空襲を予告していたという

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無差別空襲 7月10日 −4− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる