満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 無差別空襲 7月14日 −6−

<<   作成日時 : 2012/07/14 06:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は空爆でなくて艦砲射撃だ。岩手県の釜石市が1945(昭和20)年7月14日(二回目は8月9日)、米英連合軍の機動部隊により沖合から一斉射撃を受けた。狙いは日本製鉄釜石製鉄所。だが、民間人が多数犠牲になった。艦砲というのは空爆と違い、落雷の直撃のようなものでその凄まじさは筆舌に尽くせないといわれている。

▼釜石市民の絵てがみ
画像
■釜石・艦砲射撃 2065発 死者694人
 
 7月14日は私たちにとって衝撃の一日になった。午前中の空気を締めくくるみたいなサイレンの音はそのまま戦争の苛酷な幕開けの合図になった。死をふれ回るがごとき「爆音」に続き、空気を引き裂きながら天地を揺るがすような艦砲射撃は二時間あまりヒュルヒュルという音を聞くたびに人生の終わりを覚えた。

【注】「東日本大震災ルポ 岩手・釜石〜終戦直前 艦砲射撃の記憶と震災被害ー栗原佳子」をリンクします。ご覧ください。⇒http://www.asiapress.org/apn/archives/2011/12/03124735.php    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無差別空襲 7月14日 −6− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる