満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 大空襲 天皇皇后行幸啓?

<<   作成日時 : 2012/09/01 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京江東区の区報(Ko こうとう区報)は毎月1の日に全戸配布されることになっている。郵便受けに入れられている今日付(9月1日号)のものを見て仰天した。一面に大きな写真を配して「天皇皇后両陛下行幸啓」と大見出しが躍っているではないか。

画像
 「8月12日、天皇、皇后両陛下が富岡八幡宮を訪れ、東京大空襲を経験した区民3人とご懇談されました」とのリードにつづけて、この催しは以前から東京大空襲体験者との懇談を望んでいたご両人の意向に沿って実現したものとし、「この(戦争)話はこれからの若い人に伝えていってほしい」と話したと記述されている。。

画像
  昭和天皇、深川巡察(1945年3月)
 
 「3月18日に天皇陛下が視察にくるので道をきれいにしておけ」という命令があり、遺体は富岡八幡あたりに掘られた大きな穴にバンバン投げ込まれた。視察のときには道はきれいな状態になり、天皇は焼け野原は見たが遺体は目にしていないという。もし、あれだけの遺体を天皇が見ていたとしたら、終戦の時期はもっと早まっただろう。(画家・狩野光男さん談) 

追記】前天皇と東京大空襲との関わりについてはいくつか信じられない、驚くべき逸話が多数ある。前記はその一例。「今上(きんじょう=今の)陛下にあらせられましては、これらのことを先刻ご上聞の上でご訪問されたのであろうか」、知りたいものだ。そして「行幸啓」は死語と思っていたが・・・。(元少国民)

【解説】江東区ー広報広聴課様 
 難しい言葉には解説を付けてください。「行幸啓」とはその昔天皇と皇后が一緒にどこかへ行くときに言う。天皇一人は「行幸」と。皇后、皇太子の場合は行啓と言います(半可通)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大空襲 天皇皇后行幸啓? 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる