「空襲被害者 補償して」 浅草で

東京大空襲や広島・長崎の原爆被害者に国家補償を求める「浅草ウォーク」が21日、東京都台東区で行われ、80人が参加しました。2006年以降毎年行っており今回は7回目。(しんぶん「赤旗」・22日付ー社会面)

画像
  東京浅草で行進 「償いは政府の任務」
 
 参加者は折り鶴をつないだ輪を首にかけ、「すべての戦争被害者・遺族に差別なき償いを!」などと書いた横断幕を掲げ、観光客でにぎあう浅草地域を歩きました。

 ウォークに先立ち開いた集会では、全国空襲被害者連絡協議会共同代表の中山武敏弁護士が空襲被害者等援護法案(仮)要綱について講演し、「日本の植民地支配と侵略、原爆や東京大空襲の問題は未解決で残っている。憲法にのっとれば戦争被害への謝罪と補償は政府の任務だ。何としても立法措置で解決を求めたい」と強調。「法案の実現は二度と戦争の惨禍を繰り返さない世界の創造につながる」とのアピールを採択しました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント