平和のための名言 川島 正

川島 正(1916~1945年)。戦没学生の遺稿の一部。1940年東京農業大学卒業。同年12月に入営、中国戦線に送られる。43年1月のある日、日本兵のひとりが中国人農民を岩石で殴打、農民は頭蓋骨が割れて鮮血にまみれて倒れる。

画像
 俺の子供はもう軍人にはしない、軍人にだけは・・・・・・平和だ、平和の世界が一番だ。
     
     川島正(日本戦没学生記念会編
             『きけわだつみのこえ』岩波文庫)


 その理不尽な行為をただ見ているだけの自分に対して自責の念を抱く。その時にうめくようにしてしぼりだされた言葉が『平和だ、平和な世界が一番だ」であった。

今日の出来事7・18】1925年ヒトラー『わが闘争』発表 1936年スペインでフランコ将軍反乱 1970年東京杉並で初の光化学スモッグ発生 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント