平和のための名言 ホセ・フィゲレス

1948年、中米コスタリカでは大統領選挙を巡る内乱で、2000人もの国民が犠牲となった。ホセ・フィゲレスは、当時国民解放戦線の議長、同年12月、第二次共和制への式典で「今日かぎり、コスタリカ政府は常備軍を全廃します」と宣言し、後に大統領に選出される。(大和書房・「平和のための名言集」-早乙女勝元編)

画像
 軍隊はしばしば独裁体制によって、国民を力づくで抑圧してきたが、われわれは、民主的な話し合いの道を選ぶ。したがって政権維持のための武器はもういらない。不要なものは今日限りとする。この兵舎はこれからは教育者のものと変わり、博物館へと改造する。
     
     ホセ・フィゲレス(早乙女勝元
               『軍隊のない国コスタリカ』)


 翌49年11月7日、常備軍廃止を明文化した新憲法がスタート。87年にノーベル平和賞を受賞したアリアス大統領等に引き継がれている。

今日の出来事11・7】1917年ロシア革命 1949年コスタリカ非武装憲法制定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント