東京大空襲 地図で声追う

1945年3月10日の東京大空襲から69年になるのを前に、江東区北砂1の東京大空襲・戦災資料センターで1日、最新技術で映像と立体的なデジタル地図を組み合わせた、体験者の「証言映像マップ」の公開が始まった。(東京新聞3・2付=奥野斐記者)

▼NHKの特集番組から
画像
       デジタル技術駆使し証言映像
   
 1919~2000年の地図8枚の上に時代ごとに体験者5人の証言映像を分割して編集した。各映像は30秒~20分。画面の地図上で体験者を示す印を選ぶと71の証言映像を自由に見ることができる。(以下略)


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント