満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東の高齢者綜合施設訪問 ふくわらい

<<   作成日時 : 2014/06/18 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報6月号。今号は一面、二面を通してこの4月に出来た「メディカルタウン東大島」の特集。このほど訪問した「ふくわらいの会」の面々。その大きさに仰天。このような高齢者のための綜合施設を地域に広げたい、としています。コラム「孫の手」は山本のり子編集長。

画像
    地域に広げたい
       高齢者のための綜合施設

 
 旧第三大島小学校に建設された「メディカルタウン東大島」(跡地の半分は7月完成予定の公園に9.山口県の特定医療法人茜会と社会福祉法人暁会とが運営している。「タウン」というが、なるほど大きい。特別擁護老人ホーム、介護専用型ケアハウス、短期入所生活介護、都市型経費老人ホーム、通所リハビリテーション、地域交流サロン・健康増進スペースもある。さらにクリニックまで備わっている。見学した理事長はじめ理事や会員など6人。話には聞いていたがその大きさに仰天した。(以下略)

画像
孫の手
 特養ホームの母を訪ねると庭にアンネのバラが咲いていた。存在を主張するかのようにオレンジ色のあでやかな花である。ナチスに追われ屋根裏部屋で青春を過ごしたアンネ・フランク。その時代、広場では書物が焼かれ、言論統制が行われナチズムが浸透した。気がつかぬうち徐々に狂乱の戦争へと進んで行ってしまった▼「アンネの日記」が破損された事件は記憶に新しいが、その犯行は一人の男の短絡的行動であった。しかし、今の日本では、昨年12月に決議された特定秘密保護法を皮切りに戦前に逆戻りのようなきな臭い動きが顕著になってきている▼NHKを筆頭とするテレビメディアは安倍首相の言うことをそのまま垂れ流す一方、サッカーのワールドカップ、アイドルグループAKBの総選挙などには大騒ぎである。憲法解釈で集団的自衛権の行使をしようとしていることへの批判はみられない。私たちは目を見開き耳をそばたて、声をあげて行動していかねばと思う。(山)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東の高齢者綜合施設訪問 ふくわらい 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる