満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 会報 「ふくわらいの会」 9月号

<<   作成日時 : 2014/09/21 05:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふくわらいの会」の会報9月号の2面。介護問題についての「問&回答」編とてもいえる特集がトップに載せられ注目されています。

▼佐々木治代さん
画像
 全号「みんなの広場・Mさんのこと」(佐々木治代さん投稿)で一人暮らしのMさんのちょっと不安な生活に対して、現役の二人のヘルパ^さんからアドバイスをいただきましたのでご紹介します。
画像

Mさんのこと→











●「Mさんのこと」を読んで  中沢(北砂在住)
 
 Mさんは働きものだったんですね。ものを大事にし節約に心がけて生活されたことが伝わってきます。金銭管理ができていることはしっぁりされた方だと思います。
 生活の内容の変化や、もの忘れがひどくなったりしていることは、ディサービスやヘルパーはMさんと接するなかで把握されていると思います。
 佐々木さんの支えがMさんにとって大きいと思います。周囲の方の援助には限界がありますので、行政の民生委員・介護保険・後見人制度等の利用も一考です。
 身体面、生活面、認知度等も年を重ねる毎に変化していくことが考えられます。ケアマネージャーやヘルパーに困っていること、やってほしいことを相談し、状況に応じて援助や介助を広げ、自分らしく、生き生きと暮らしていけるようにすることが大事だと思います。


画像
  選べる晩年を  藤谷秀子(亀戸在住)
 
 心身とも少しずつ動けなくなってきた晩年をどう過ごすか。たくさんの方方々のヘルプをしてきた中でさまざまでした。
 サービスを活用しながら自分の家出一人静かに暮らす人。いつも人が近くにいないと寂しいと施設に行く人。またもっと生きたいと治療に頑張る人、その逆で痛み止めだけで寿命を迎える人など・・・。でもいまの医療、介護、年金ではそうした選択も難しくなってきているのが現実です。
  

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会報 「ふくわらいの会」 9月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる