満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらいの会」 会報 4月号 

<<   作成日時 : 2015/04/15 05:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふくわらいの会」の会報・4月号の2面。トップに「国保負担増、年金引き下げ」はもう限界とのアピール。「みんなの広場」は年金・江東の大瀬秀之支部長が登場。続いて菊地頌子さんの健康一口メモがレイアウトされています。

画像
 「消費税を上げたのは、社会保険のためだっていっててたのに」、「支払いが滞っているので保険証が使えるか心配だ」等々、国保料について区民の不安は募るばかりです。
 2015年度の国民健康保険料が値上げされます。江東区でも、一人あたりの平均保険料は、約3千4百円増えて、年間約10万6千円になります。(通知は区から、6月に届けられます)
   国の補助金削減が要因 
 区など自治体の国保財源は、約50%が国の補助金。ところが2009年から、約25%と半分に減らされました。加入者の多くは、中小業者、非正規労働者、年金生活者などで、年収は年々下がっています。自治体は、赤字などを理由に保険料の値上げを行っています。このため値上げの悪循環に陥っています。このままでは制度の崩壊が懸念されます。

画像
   制度を守り、安信できる医療の充実を 
 1961年「国民皆保険制度」が誕生し、健康保険で安心して医療を受けられるようになりました。誰もが払える保険料に値下げすることは、国の責任です。国の補助金を増額することがどうしても必要です。都・区に対し、国に働きかけるよう運動が求められています。


画像
 健康一口メモ 37
   菊池頌子(元区保健師)

   春に多い体の変化と
        必要な食べ物

 
 わか芽がぐんぐん伸びていますが、この季節は人の体も新陳代謝が活発になる時で、水分の量が不足し、便秘になる人が増えます。一日に500mlのペットボトル2〜3本を目安に飲むようにしましょう。食事時のお茶程度だと、尿として体から出る水分が補給されず、尿量減少で濃い尿になり膀胱炎も起こします。膀胱炎を繰り返す人は水分の摂取量にも注意してください。便秘予防には、水分のほかに食物繊維の多い春野菜がお勧めです。
 春は体の「だるさ」を感じる季節でもあり、この季節にもう一つ必要なのはビタミンの摂取です。特にビタミンCは冬季より必要なので、甘夏やオレンジを意識して摂りましょう。ビタミンBは豚肉に多く含まれています。最近血液検査で高齢者の低蛋白症が問題になっています。肉・魚・卵・大豆・乳製品等の蛋白質が不足すると筋力が低下し元気に歩けません。お勧めは豚肉のしょうが焼、これでどんどん歩きましょう。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらいの会」 会報 4月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる