満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「沖縄」と「東京大空襲」を詩って50年 永井和子逝く

<<   作成日時 : 2015/07/20 05:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「沖縄」に、「東京大空襲」に心を砕いて、怒りを燃やし、歌った50年。大阪に生まれ、東京・江東区で過ごし、晩年は北海道・札幌に生きた詩人の永井和子さんが、この7月8日逝った。享年81歳。10日に札幌で行われた「お別れの会」に寄せられた痛恨の弔意、弔電を目にしました。想いは遥かに・・・。

画像
弔電 岡田京子さん 
 永井和子様、五月三十日久しぶりに懐かしいあなたに会ったばかりでした。こんなに早く別れなくてはならないとは言葉もありません。その後、千歳や長沼であなたの「夕張の花とうた」をみんなでうたいましたよ。その様子を知らせたくて何度も電話していたのでした。あなたと作ったたくさんの歌を私も残された時間の中でみんなに届けていきます。ご冥福をいのります。

【夕張の花とうた】1981年11がつ夕張炭鉱で発生、死者93名を出した大災害について歌った。岡田京子が曲をつけた。

画像
弔意 牛山れい子 
 今日、合唱団のレッスンで和子さんの訃報をしりました。知らなくてすみません。遅ればせですが、お悔やみ申し上げます。「沈丁香の花と妹」など堀喜美代先生との関係で歌わせていただきまいたよね。合唱団と私の財産になっています。体調が悪いというメールは何回かいただきましたが、こんな訃報に接するとは思いませんでした。悲しいです。

【沈丁香の花と妹】1945年3月の東京大空襲をテーマに作られた歌。永井和子、岡田京子コラボによる秀作、広く歌われている。

テーマ・永井和子
 http://38300902.at.webry.info/theme/dbf8344588.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「沖縄」と「東京大空襲」を詩って50年 永井和子逝く 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる