満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 10月号

<<   作成日時 : 2015/10/06 05:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区民オンブズマンの会」の会報10月号(NO.136)を頂きました。一面トップは、先頃開かれた「全国オンブズマン大会」に参加した模様を中屋 誠幹事が、下欄の「声」は鈴木康吉事務局長が執筆しました。

画像
   全国オンブズマン大会に参加して
                 幹事 中屋 誠


 9月5〜6日、鈴木事務局長と第2回全国オンブズマン大会に参加しました。会場は神戸市ポートアイランドの神戸学院大学。全国から250人を超える参加があり活気あふれる大会となりました。
 基調講演は神戸学院大法学部教授上脇博之さん(写真)で、「政務活動費の政治資金化について」でした。議員と会派の役割、政務費の政治資金化の違法性など数多くの問題点を指摘していました。
 翌日の分科会では政治活動費の分科会に参加しましたが、18の地域から報告があり、「最もひどい使いみち」でコンクールが行われるというユニークなもの。結局、ワーストワンは、「徳島県議の領収書の偽造」の報告でした。議員のエベルの低下が問題になる中、「いまだにこんな議員がいるのか」とあきれるばかりです。
 政活費が透明性を確保し、正しく運用されるようになるには、まだ遠いーと実感させられた2日間でした。

画像

 共産党の志位委員長が呼びかけた「国民連合政権」が注目を集めている。安倍自公政権の「戦争法」の強行に国民の怒りの声が治まらない中、「野党で戦争法廃止の政権を」と呼びかけたのだから分かりやすい▼民主党岡田代表も、社民の吉田さん、生活の党、あの小沢さんさえ会談に応じて「敬意と賛意」を表明した。産経、読売ならいざ知らず、朝日が「民主が”慎重”な受け止め」と書いた。「こいつ何!」と呆れるばかりだ▼わたしも今回、何度も国会に行った。「民主主義って何だ!」「これだ!」と、大勢の若者たちが叫んでいたのを見た▼50年間、安保だ、政暴法だ、小選挙区制だと、反対集会に何度も足を運んだものだが今度は違う。なにやら興奮して涙が出て困った▼朝日新聞が共産党の呼びかけを「シラー」とした態度で賛成派のご機嫌を取ろうと考えたのだろうか? 長年の読者だが、それなら許せない。(康)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 10月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる