故郷を思い 「北国の春」 北京

 東京新聞の夕刊には、世界各地の特派員からのちょっとした挿話を集めて掲載する特集ページ・世界の町[海外リポート]というのがある。いつも見ているわけではないが、昨日の「北京発」には思わず目が止まった。歌 「北国の春」にまつわる話である。

画像
    故郷を思い 「北国の春」
 
 中国人が一斉に帰省する春節の期間、北京市内は人影が消えた。タクシーも減るが、空車が多くて広いやすい・
 「○○へ行って」
 私の中国語を聞き、タクシーの運転手が「あんたは外国人?」と尋ねてきた。「日本人だよ」と応えると、「だったら『北国乃春』(ペイグォジーチュン)は師ってるだろう」。そういうや突然、「♪亭亭白樺 悠悠碧空 微微来風~」(白樺 青空 南風)と大声で歌いだした。
 千昌夫さんの「北国の春」は1980年代、谷村新司さんお「昴」(すばる)とともに中国でカバー曲が代ヒットし、今でも有名な曲だ。運転手オジサンが楽しげに歌うので、私も日本語でデュエットした。

画像
 聞けば、彼も出稼ぎ労働者。春節は「残念だが、戻らない」ちう。詮索はしなかったが、稼ぎが足りない、切符が手に入らないなどで、帰省できない出稼ぎ者も多い。中国の庶民は何より家族を大切にするだけに、つらさもひとしおだろう。
 「♪故郷 我的故郷 何時能回你懐中」(あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな)。最期の一節で、オジサンの声がひときわ大きくなった(平岩勇司記者)。


追記】ここのところずっと日中の政府間は犬猿の仲。しかし日本と中国の庶民の間では、見知らぬもの同士でも、こうしてすぐさまデュエットできる。日中友好の絆を強めることのヒントはここににあると知るべきでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント