満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」会報 2017年 8月号

<<   作成日時 : 2017/09/07 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「NPO法人高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報8月号(NO.102)。月を越え、少し遅くなりましたが紹介しましょう。八月は戦争を返りみる月。編集は「戦争特集」です。

▼夏の雲 長野・蓼科
画像
   戦争体験 食料不足・話せない思い

 戦後72年。戦争体験をしている方は高齢になっています。若い人たちの中から戦争が遠のく今、伝えていくことが大切です。会員二人に手記と戦争への思いを語っていただきました。

戦争と食料 
 「戦争」と聞くと、一番に頭に浮かぶのは食料のことです。私は小学4年の9歳。父がいない中、母と6人のこどもで三重の伊勢に住んでいました。空襲警報のサイレンと共に「早く避難して!」とマイクの声。あっちこっちで爆弾が落ちて・・・火の海。我が家には50人ぐらいは入れる大きな防空壕があり、近所の人も大勢いました。母が「早く、早く」と必死に声を掛けるのです。
 食べ盛りの私らは、お腹がグーグー鳴りだす。「さぁーお餅をついてお腹いっぱい食べましょう」と、母が防空壕の中に餅つきの用意をしていたのです。鳥取県一番の農家に生まれた母は、いつの間にかお米や臼、水を防空壕に用意していたのでした。薄暗い中で、ペッタンペッタンと。一瞬のことでしたが、そんなときはみんな笑顔でした。
 母は父の不在中、実家からコメを送ってもらい、近所で和洋裁、お茶とお花を教えて月謝の代わりに野菜を貰っていました。そんなたくましい母のもとで育ちました。


戦争の事は話したくない 
 現在89歳のMさんは砂町育ち。死ぬほどのことがいろいろあったから、戦争の事は話したくない。食うや食わずの生活だったと言います。お父さんの「どうせアメリカには勝ちっこないんだから」という言葉で、勉強したかったけれども八人兄弟でもあり、14歳から働き始めました。今、難病を患っているがヘルパーさんに来てもらったり、ディサービスの通いどうにか自立していると語ってくれました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」会報 2017年 8月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる