満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 12月号 

<<   作成日時 : 2017/12/06 05:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報2017年12月号(NO・162)が発刊されました。その一面のトップは、東京都が都有地で五輪選手村予定地を大手不動産業に不当に安く払い下げた件をトップに、コラム「声」が続きます。
画像
     都有地 1200億円
         値引き処分は違法!

 
 本紙11月号の「小池知事も森友似疑惑」の記事にかかる「晴海の土地」をめぐる住民訴訟の初公判が11月17日東京地方裁判所でありました。
 この裁判は、小池都知事を被告とした都民33人が訴えたもので、都民の財産である晴海のオリンピック選手村予定地13万3000uを相場から1200億円も値引きして不動産会社などに売り払い、都に損害を与えたとして争われた裁判です。

     中野断腸らが口頭陳述 
 この日の法廷は、傍聴者でびっしり。都側の代理人弁護士は裁判所に「都有地の値引きは違法という原告の陳述書」のみで、口頭でに陳述をさせないよう求めましたが、清水知恵子裁判長はこれを却下し、中野幸則原告団長、淵脇弁護士らの口頭陳述を許し、堂々の弁論を聞くことができました。 
画像
 都側の代理人弁護士は原告の主張を「いいがかり」などと主張するのみで具体的な反証がなく、素人目にも「どうしたー?」と思う陳述でした。
 小池知事h、もともと「情報公開は1丁目1番地」などと東京都の公文書の情報公開を掲げて当選した知事。ところが今回の開示文書はほとんんど黒塗り「のり弁」状態でした。
 税金の使い方をチエックするオンブズマンとしては見逃すわけにはゆきません。(代表幹事 正木 毅)
 

】森友問題の野党質問が11月27日から始まった。国有地が不当に特定法人に払い下げられた問題=8億円も値引きしたという事件だ。相手が安倍首相の妻が顧問を務めた法人。なのに、なぜか昭恵夫人の喚問要求は拒否するとか。首相が「丁寧」に説明するというから興味深い▼それにしても「金」に絡む事件が多すぎる。神谷衆院議員(自民)が3人の市議(大阪)に現金210万円を配ったと新聞に載った。政党助成金だそうだが、ご本人は「何か問題?」ととぼけているという。それってれっきとした買収だろうがー▼オンブズマンが追う江東区議会でも「あれ!」と思う文書がよく出てくる。政務活動とは関係のない「本」の購入。大量のお茶菓子、宛先黒塗りの臨時職員の雇用など々。いやもっと大きな「たぬき」が隠れているかもしれない。ぬかりなく監視をつづけたい。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 12月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる