NHKドラマ「どこにもない国」を見て ⑧

 「3月31日(土)午後9時からの『どこにもない国』(後編)が終わって、20分後に電話がかかった。公主嶺小学校の同窓生で、私より2年後輩のOさん。父上は公主嶺農事試験場で、当時は10歳でした」(土屋洸子さんから)
画像
 「1945(昭和20)年8月13日夕方、公主嶺駅から貨物列車で南下し、北朝鮮の南市に着き、過酷な越冬を経験した。46年の夏頃、朝鮮半島の西側に出て、小さな船で38度線を越えようとしたが、船を乗り替えなければならなかった。夜、海岸に着く手前で船を降ろされたとき、地元の人がカンテラで足元を照らしてくれて、無事海岸にたどり着いた。船を借りて南下するなどの配慮や多額にかかったはずの資金は、誰が計画し、準備してくれたのだろう。多分ドラマの丸山氏のような人がいたに違いない。その人がいなければ、自分は今ここにいない。感謝する」という内容だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント