東京大空襲74年 遺族会が犠牲者名一部公表

 10万人が亡くなった東京大空襲から10日で74年。東京空襲犠牲者遺族会が先月中旬の会報で、これまで収集してきた犠牲者名の一部、約200人分の「名簿」を公表した。(東京新聞・3月8日付「こちら特報部」)
画像
 東京空襲を巡っては都が8万人余の犠牲者名簿を収集、遺族会は慰霊や犠牲者の掘り起こしにつながるとして公開を求めているが、都は認めていない。会報掲載に応じた遺族らの思いを聞いた。(片山夏子、安藤恭子)

■デスクメモ 

 東京空襲犠牲者遺族会は死者約6千6百人の性別、年齢も分析している。壮年層は徴兵の影響で男性より女性がが多い。最も多い年齢層は「十歳以下」で、次が「二十歳以下」。学童疎開した世代は少ないが、親を失って孤児になった人も多いはずだ。被害は非戦闘員に集中していた。(本) 2019・3・8
】東京空襲犠牲者遺族会は9日午後1時から、台東区の浅草公会堂で開かれるトークイベント「空襲死社の行方」で、会報で公表した205人分の名簿を配る予定。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント