「平成のことば」 東京新聞 3月10日

 炎が大横川の川面をなめていきました。炎に追われ、何百人もの人が橋から落ちてきます。空気が火と同じなんです。  ◆東京大空襲で被災 栗原三雄さん(74)
画像

 2005(平成17)年3月10日、米軍機の焼夷弾で10万人が犠牲になった大空襲から60年。現在の墨田区に住んでいた栗原さんは、未明の猛火をこう振り返った。川に飛び降りて生き延びたが、両親と姉を失い、戦災孤児になった。 (年齢は当時)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント