「『平和の俳句』東日本大震災10年」に思う

東日本大震災から10年。この3月の東京新聞は被災者の心によりそい、「平和の俳句」など大キャンペーン。とりわけ11日当日の紙面構成は秀逸。その奥深さに感動した。だが、「平和の俳句」、被災者の悲しみを怒りに結びつけることの難しさを知る。17文字での表現は所詮無理なのか。 【注】投稿者30句(入選した)の地域別は、中部地方が20、関東は9,東北は1。年齢別では10代1,20~40代1,50代以上は28人。年齢は現在。考えさせられる・

続きを読む