なぜ のりぴー起用? 「やり直せる社会に」

 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド(B&G)財団が、初代「子ども健全育成大使」を女優の酒井法子さんに委嘱した。18日に都内で行われた就任式で、財団側は、酒井さんの過去の薬物事件を踏まえた上での起用と説明。「やり直しがきく社会にへの一歩となるか。(東京新聞7月19日付 片山夏子
画像
     初代「子ども健全育成大使」 

 (前略)薬物依存者の回復を後押しする民間施設「茨城ダルク」の岩井喜代仁代表は「失敗したら、もう出ていけない場所が増える恐さがある。私も代表を引き受けるときは覚悟した。でも、薬物依存から回復して、受けた仕事をまっとうできるならすばらしいことだ。恥を忍んでということもあるだろう。大役を受けた酒井さんにも、酒井さんを選んだ財団にも頑張ってほしい」とエールを送った。
 東京大学の仁平典宏準教授(社会学)も「戸惑いや葛藤を抱えながらも社会の役目を果たしている姿を、子どもたちの前にさらしていく方が子どもたちには伝わるのでは」と期待しながら、指摘する。
 「やり直しを許さない今の空気は明らかにおかしいし、それを打ち破るメッセージを明確に出すという意味ではいいことだと思う。むしろこれからの仕事次第で、この任命が『健全育成』にとってもプラスの意味を持つかが決まると思う。その意味で酒井さん自身も任命した財団も、責任は重大だと思う」

画像

"なぜ のりぴー起用? 「やり直せる社会に」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。