「若者が継ぐ 戦争の体験」 空襲体験聞き取り

 戦争から歴史の教訓を学ぼうと、市民団体が東京大空襲などを体験した人から話しを聞く取り組みを続けている。戦後74年。若い世代の責任として風化する戦争の記憶を受け継ぎ、未来にバトンを渡そうと真剣に向き合っている。(東京新聞・大沢令 3月3日付ー「都心版」)
画像

"「若者が継ぐ 戦争の体験」 空襲体験聞き取り" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。