カジノ誘致で大阪府・市 高3への啓発チラシ 物議

 カジノを含む統合型リゾート施設(I R)の誘致に取り組む大阪府と大阪市の共同部局が作成し、府内の高校3年生にに配ったリーフレット(チラシ)が物議を醸している。(東京新聞・3月6日付ー「ニュースの追跡」)
画像
 ギャンブル依存への注意を促す一方、「ギャンブルとの付き合い方」を説いている。カジノ誘致を進める側の本音が透けて見える。(片山夏子

   行政 もうけ優先 依存症と同じ構造 

 (前略)NPO法人「ギャンブル依存ファミリーセンター ホープヒル」(横浜市)の町田政明代表は、「依存症対策をするぐらいなら、ギャンブルもカジノもない方がいい。カジノ誘致を進める政治家も大阪も経済効果ばかりをいい、カジノという毒をばらまく。カジノを進める国も大阪も、もうけや娯楽、快楽ばかりを考えて、からめ捕られていくギャンブル依存者と同じだ」と批判した。

"カジノ誘致で大阪府・市 高3への啓発チラシ 物議" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。