満洲公主嶺小学校 37回生 第40回同期会

 昨5月20日、旧満州の公主嶺小学校37回生の40回目「同期会」(終戦時 同校卒業)が開かれました。場所は上野のターミナルホテル地下の「水車」。8人が集い、1年ぶりとあって握手、ハイタッチがあちこちで見られ、食事を取りながら談笑の場となりました。
画像
 37回生同期会がスタートしたのは確か1973年。あれから58年。58年間で40回目の開催。ほとんど欠かすことなく毎年のように開かれたのは、いかに同期生の団結ぶりが強いかを示すもの。敗戦の混乱期をともに生きながらえたからの心情が重なるからにちがいありません。北は岩手県から、また新潟県から駆けつけ、子ども時代に還って、話が延々と続き懐かしさあふれる同窓会になりました。

写真】左から特別参加「満州の記憶研究会」の甲賀真広、稲垣玲子、田口恵敏、鹿子嶋 悦、土屋洸子、永井至正、栗林重夫、長浜自明(敬称略)

"満洲公主嶺小学校 37回生 第40回同期会" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。