小林多喜二をしのんで詩う 永井和子

「夜明けの前が一番暗いのだと 私は知っている 冬が厳しいほど 春ははじけるようにやってくるのだと 私たちは知っている 明日は、明るい日だと 知っている」(永井和子=『憲法を詩う」から)
https://38300902.at.webry.info/201202/article_29.html

"小林多喜二をしのんで詩う 永井和子" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: